いずみ松陵幼稚園
home
保育について

遊びを大切に

人間として生きるための基礎となる力は幼児期の遊びから育まれます。 当園では遊びの時間を十分に確保し、子どもたちが心ゆくまで遊べるよう配慮しています。

遊びを大切に

丈夫な体作り

遊びを大切に

★体操教室

◎体育専門講師による体操教室の実施。ゲームや遊びを取り入れた活動を通し、体を動かす楽しさを知り、ルールや基本的な要素を身につけていきます。



★朝の体操・プール

◎毎朝園全体で行う体操で、体を動かして元気に一日がスタートします。子どもたちが大好きな室内新幹線型ドーム温水プールでは雨の日でもプール活動(5月中旬〜10月中旬)を楽しみます。


豊かな心を育む

★絵本の読み聞かせ

◎絵本の読み聞かせ活動、絵本の貸し出しを通し、絵本や物語の世界に親しみます。

★栽培活動

◎野菜の栽培から収穫まで、自然とのふれあいや楽しさを学びます。土に直に触れたり、水やりなど進んでお世話をし生長の様子を目にします。その中で、葉に虫がいることや葉の形、実のなりかたなど様々な発見や驚きを経験します。 収穫した野菜は、お味噌汁パーティーで調理し、おいしくいただきます。


遊びを大切に

★世代交流

老人施設・小中学校との交流

老人施設(コスモス松陵・ふるさと村)を訪問し、お年寄りとのふれあい遊び、歌やダンスなど温かなひと時を過ごしています。 年長児は、地元小学校(泉松陵小学校)と年間を通して一緒に昼食を食べたり、山の探索などの交流を行っています。就学前には、1年生の授業の見学や校内見学などを体験し「学校ってどんなところ?」など、就学へのあこがれや期待につながるようにしています。 松陵中学校による職場体験を受け入れています。中学生と一緒に遊んだりふれあう喜び味わえる機会になっています。

園外保育

幼稚園の近くには、県民の森、松森工場、大亀山森林公園、科学館、公園などたくさんの自然や公共施設があります。園バスを使って園外活動を行いながら、五感を使っての体験や学びの機会になっています。

★多彩な活動

◎年長児になるとお茶活動(茶道)を行います。裏千家の先生よりお茶のいただき方、点て方を教えてもらいます。 日本古来の文化を体験することにより、礼儀作法やおもてなしの心(思いやりの心)を育てます。


◎小学校での英語必修化に伴い幼稚園でも英語遊びを行っています。英語講師が英語の歌やゲームを楽しく教えてくれます。

世代交流

安心・安全・健康な園生活

★災害への対策

◎当園では東日本大震災による建物の損害はほとんど見られず、耐震に優れた安全な園舎です。 万一の災害時にはすぐご家庭への連絡ができるようメール連絡網を整備しています。 また近隣のスーパーさんのご厚意により、非常時の食料・水を提供して頂くことになっています。

★小さいうちからの安全教育と防犯

◎避難訓練は地震・火事・防犯などそれぞれの場合を想定し、年に数回行っています。 避難時の約束や避難経路・場所を覚え、安全意識を身につけるようにしています。
◎不審者の侵入防止のため、門や玄関は保育中全て施錠しています。

★健康への配慮

◎フッ化物洗口(指導:東北大学病院歯科医療センター小関先生)むし歯予防のためにフッ化物溶液でぶくぶくうがいをしています。
◎昼食のねらい
いろいろな味を知る機会となる給食、お母さんの手作りの温もりを感じるお弁当、と両方の良さをとり入れています。
◎バスの運行地域子どもたちの体への負担を考慮し、乗車時間が長くなりすぎないようにバスの運行地域を設定しています。


園長ごあいさつ

 当園の目標は「いつも明るい元気な子ども」「思いやりのある素直な子ども」「やる気をもってがんばる子ども」です。 これを「遊び」から学び育つよう日々保育をしています。子どもは頭で考えるよりまず体を動かします。そして、楽しければ集中し、積極的な行動となって持続します。たくさん遊ぶことでやる気、挑戦しようという気持ち、冒険する気持ち、探究心、集中力など体得していきます。そのためにも

  1. 1.たくさん遊べる場
  2. 2.たくさん遊べる時間
  3. 3.遊びを充実していけるような援助

これらのことを常に意識して保育をしています。
 また、未就園児クラス、預かり保育、なかよしひろば(未就園児イベント)、 わくわくタイム(園庭開放)など地域に向けた支援活動も行っています。

園長 長谷 多佳子


ブログ
未就園児イベント
お迎えバス案内
写真注文